07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

農業の厳しさ。

2011/09/30

今日、久しぶりに知り合いの自然農法の農家さんに会いました。

30歳くらいのお兄さんです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自然農法とは、不耕起、不除草、不施肥、無農薬を特徴とする農法。

(Wikipediaより引用。)


この農家さんは、木くずやワラを畑にまいて、種をまいて、収穫するスタイル。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この農家さんとは、「長野県有機農業研究大会」で知り合い、自然農法に関してや子育て論、哲学など大変興味深い話をたくさん聞かせてもらっていました。


そして、『全国農学系交流会』についても相談して、アドバイスを頂いていました。




そんな素敵で目標としていた農家さんから、今日突然、「農業をやめる」と伝えられました。



「生活するお金が稼げないし、天候の影響を強く受けて、不安定だから」と言っていました。



「もう一生、農業はやらない!!」とも言ってました。





超ショックです。


「農業」が厳しい業界であることわかっていたつもりですが、身近な農家さんが農業をやめることは初めてで、超ショックです。



超ショックです。


結局、僕が持っているものは、「夢」と「ロマン」だけなのでしょうか。。。


(宮崎)









スポンサーサイト
23:02 信州の魅力 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
無肥料、無農薬、不耕起といった、それぞれの人が持つ「理想」だけでは農業はできないと思います。理想だけでは、結果「農業では食べていけない」ことになるから。僕も理想を持って飛び込んだ一人だからよくわかります。まずは現実の農業を知って、それから徐々に理想の農業に近づける作業が必要かもしれないね。
コメントありがとうございます。
どうしても理想と現実のギャップが生まれてしまい、そこで「葛藤」が生まれるのかもしれませんね。

今後は自分の理想を育てつつ、現実も知っていこうと思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。