09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

『全国農学系交流会2010』と『JASC2011』の比較。

2011/09/13
『全国農学系交流会2010』『JASC2011』の両方に参加したのは、

世界中で僕(信州大学の宮崎大輔)だけです。

なので、片方にだけ参加したことのある人や、どちらにも参加したことがない人のために

二つのイベントについて比較して説明したいと思います。




【主催団体】
☆交流会:「全国農学系交流会実行委員会」
     通称「TTT委員会

◎JASC :「日本農業系学生会議JASC実行委員会」
     略称「JASC実行委員会


【主催団体の所属大学】
☆交流会:信州大学
◎JASC :北海道大学


【目的】
☆交流会:農学を学んでいる学生が出会い、語り合う場を作り、全国の農学部の学生が交流する組織・ネットワークを創設すること。

◎JASC :JASCとは《Japan Agricultural student conference》の略であり、日本の農業を考える学生たちに議論の場を与えるイベントのことです。
私たちは、現在厳しい状態にある日本の農業に対して高い志を持っている全国の学生に議論の場を提供し、将来の日本の農業を変える知識やネットワークを作ることを目的としています。



【活動経歴】
☆交流会:2010年開催→11年開催(※11年は信州大学生のみ)
◎JASC :2007年開催→08年開催→09年開催→10年開催→11年開催


【募集対象】
☆交流会:農学を学ぶ学生。
◎JASC :大学・大学院・短期大学・専門学校に在籍する全ての学生。


【イベント内容】
☆交流会:
①「農学」「農業」「研究」「人生」「夢」などについて語り合う。
②全国の農学部の交流組織・ネットワークの創設について会議を行う。
③信州大学農学部の見学、信州の農家・直売所の視察を行い、信州の農学・農業を紹介する。

◎JASC :
①4泊5日の合宿形式で参加者間の親睦を深める。
農業視察などを通してさまざまな農業のあり方を知る。
③自らの抱いている農業に関する疑問を掘り下げていく。


【開催地】
☆交流会:長野県
◎JASC :北海道


【日数・参加費】
☆交流会:1泊2日・ 2,000円
◎JASC :4泊5日・15,000円


【運営者の立場】
☆交流会:TTT委員会も参加者である。
◎JASC :JASCスタッフは参加者ではない。

【運営資金】
☆交流会:後援・協賛企業ナシ。
◎JASC :後援・協賛企業アリ。

【参加大学数・参加人数】
☆交流会: 6校・37名
◎JASC :10校・21名


【夜のイベント】
どちらも似た雰囲気


(JASC様に関する記述は、JASC様HP{ http://j-asc.net/index.html }より引用させていただきました。)

スポンサーサイト
12:20 北海道のJASCさん | コメント(3) | トラックバック(0)

『JASC2011』へ参加しました。

2011/09/12
お久しぶりです。

約一年ぶりにブログを書きます。

信州大学 大学院 農学研究科 修士1年

宮崎大輔です。


昨年は『全国農学系交流会2010』の主催者でした。

今年は『JASC2011』に参加してきました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

JASC2011のスタッフのみなさん、参加者のみなさん、大変お世話になりました。

みなんさんと出会い、語り、笑い、とても楽しい時間を過ごせました。

そして、多くの刺激をいただきました。ありがとうございました。

JASCさんは素晴らしいイベントですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


僕はこの刺激に、強く感化されました。


JASC2011で感じた感情をもとに、さっそく行動していきます。


なので今後、このブログをたまにチェックしてください。












22:51 北海道のJASCさん | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。